業界ニュース

ポリアクリル酸-Vcycletech

2020-12-11

ポリアクリル酸とは?

 

ポリプロピレン (PAA;商標名カルボマー) 合成高分子量プロピレンポリマーです。 IUPACはポリ(1-カルボキシエチレン)と呼ばれ、アクリルのホモポリマー、またはペンタエリスリトールのアクリル、ショ糖のアクリル、またはアクリルで架橋することができます。中性pHの水溶液では、PAAはアニオン性ポリマーです。つまり、PAAの側鎖の多くはプロトンを失い、負荷がかかります。これにより、PAA高分子電解質は、元の体積の何倍にも膨潤する可能性のある水を吸収して保持することができます。

 

ドライPAAは、白いふわふわのパウダーとして販売されており、化粧品やパーソナルケア製品のジェルとして一般的に使用されています。それらの化粧品の役割は、固体を液体に懸濁し、エマルジョンが分離するのを防ぎ、化粧品の流れを制御することです。カルボマーコード(910、934、940、941、および934P)は、ポリマーの分子量と特定の組成を示します。多くの用途で、PAAはアルカリ金属またはポリアクリル酸ナトリウムなどのアンモニウム塩に使用されます。正に帯電したナトリウムイオンは、乾燥粉末の形でポリアクリル酸ナトリウムに結合しますが、水溶液中ではナトリウムイオンが崩壊します。これにより、大量の水を吸収する可能性のあるポリマー鎖が組織化されるのではなく、ゲルが膨潤します。

 

ポリプロピレン is a weakly anionic polyelectrolyte, and its degree of ionization depends on the pH of the solution. In the non-ionized form at low pH, PAA can bind to various non-ionic polymers (e.g., polyethylene oxide, poly-N-vinyl pyridone, polyacrylamide, and some cellulose ethers) to form hydrogen-bonded interpolymer complexes. In aqueous solutions, PAA can also form polymers with oppositely charged polymers (e.g., chitosan), surfactants, and drug molecules (e.g., streptomycin).

 

とはポリアクリル酸のために使用される?

 

ポリアクリル酸 and its derivatives are used in disposable diapers, ion exchange resins, and adhesive detergents. Detergents are usually copolymers of acrylic acid and can be used as zeolites and phosphates in detergent formulations. It is also popular as a thickening, dispersing, suspending, and emulsifying agent in pharmaceuticals, cosmetics, and coatings. Cross-linked polypropylene is also used in the processing of household products such as floor cleaners. Acrylic acid is also a major component of superabsorbent polymers (SAPs), and cross-linked polyacrylates can absorb and retain more than 100 times their own weight in liquid.PAA can deactivate the bactericide chlorhexidine gluconate.After neutralization, ポリアクリル酸 gels are suitable for biocompatible matrices that receive medical applications, such as skincare and dermatological treatment product gels.PAA films can be deposited on orthopedic implants to avoid corrosion. Cross-linked hydrogels of AA and gelatin are also used as medical gels with high bond strength. Recent studies have aimed to clarify the conformational changes of polymeric gels upon neutralization, light exposure, and embedding of gold nanoparticles to develop polymeric matrices that can control the rate of delivery of active substances. The FDA has authorized the use of SAPs in packaging for indirect food contact.


 ポリアクリル酸


How do you dissolve ポリアクリル酸?

 

PAAポリマーには、多数のカルボキシル基(-COOH)が含まれています。その結果、各鎖間の水素結合は強力で、DMSOやNMPなどの有機溶媒に溶解します。まず、PAA鎖の水素結合を切断する力を考慮する必要があります。一次溶媒(H2O、エタノールなど)はプロトン(H +)の優れた供給源であるため、これらはカルボキシル基に結合しています。したがって、プロトンを獲得するすべてのカルボン酸基は正に帯電し、水素結合の切断が鎖を駆動することを示しています。したがって、PAAポリマーを可溶化するための溶媒は、Googleで検索できるネイティブプロトン溶媒の使用に適しています。

 

使用するのに最適な水処理薬品

 

カルボン酸塩ポリマーは、ボイラー、冷却回路、逆浸透プラント、脱塩、砂糖蒸発器などの工業用水処理で使用される主要な原材料です。これらのポリマーは、水処理業界で不溶性固形物のスケール抑制剤および分散剤として使用されます。スケール抑制剤として、ホモポリマー、コポリマー、ターポリマー、コポリマー、ポリマレイン酸などのさまざまなカルボン酸ポリマーを製造しています。これらのポリマーは、完全に自動化されたプラントで、正確に制御されたプロセスによって合成され、最適な抑制を提供します。供給に加えて、当社のアプリケーションチームは、各材料の性能を保証し、製品のアプリケーションと配合においてお客様に技術支援を提供します。

 

同義語:ポリアクリル酸(PAA)50%、ポリマレイン酸(PMA)、アクリル酸-2-アクリルアミド-2-メチルプロパンスルホン酸コポリマー(AA / AMPS)、スルホン化ポリアクリル酸コポリマー、AA-AMPSコポリマー、スルホン化アクリル酸コポリマー、アクリル酸ターポリマー、一次アクリル酸ポリマー、アクリル酸ホモポリマー、アクリル酸コポリマー、ポリアクリル酸。


あなたがについてもっと知りたいなら水処理薬品お問い合わせください。喜んでお手伝いさせていただきます!